探偵のテクニックとは?!
  • 浮気・不倫調査
54993view

探偵(興信所)の浮気調査の内容や実際の事例、口コミを紹介

探偵(興信所)の浮気調査の内容や実際の事例、口コミを紹介

配偶者の浮気が疑わしいとき、または離婚に向けて浮気の証拠を掴むためには、探偵に浮気調査を依頼するのがもっとも適切です。こちらでは、探偵が行う浮気調査の内容や調査方法、費用などについて解説しています。

探偵(興信所)の浮気調査の内容

浮気の事実確認

依頼主が「確実に配偶者が浮気をしている」と思っても、それはまだ疑惑の段階に過ぎません。

探偵に浮気調査を依頼することで、その疑惑が本当かどうかの事実確認ができます。

浮気の証拠を確保

探偵(興信所)に依頼すると、配偶者が浮気相手と接触しているときの写真、ホテルに出入りしているときの写真など、浮気の動かぬ証拠を入手し、依頼主に提供します。

浮気を確信しているが、証拠がないので言い出せない、言っても否定される場合は証拠が必要になります。

証拠があれば離婚裁判や慰謝料の請求でも有利になりますので、そういった目的で浮気の証拠集めを探偵に依頼する方も多いです。

浮気相手の名前や住所、勤務先の調査

浮気相手に慰謝料を請求したい場合や、内容証明を送りたいというときなどは、必要に応じて浮気相手の名前や住所、勤務先などの情報を調べ、提供してもらうことも可能です。

対象と浮気相手の関係が始まったきっかけなどを調査

いつ浮気をしているのか、配偶者と浮気相手の関係が始まったのはどんなきっかけだったのかなどを調べることもできます。

ただ証拠だけでなく浮気相手の住所や勤務先、関係のきっかけなどを調べる場合、証拠集めよりも費用は高額になりやすいので注意しましょう。

浮気調査で探偵が行っている対策

探偵が浮気調査を確実に成功させるために、調査で取っている対策を紹介していきます。

尾行の際は毎回必ず異なる変装する

浮気調査で何度か尾行をする必要がある場合、いつも同じファッションだと対象に気づかれてしまう可能性が高いです。

そのため、探偵は都度異なる調査員が尾行をしたり、髪型や服装を大きく変えるなど変装を施しながら尾行するので、対象に気づかれずに証拠を押さえられます。

対象の行動を瞬時に察知する

例えば浮気調査の対象である配偶者がタクシーを使って浮気現場に向かおうとしたとします。

そのとき、尾行している調査員は配偶者がタクシーを拾おうとしている様子をすぐに見極め、そのタクシーを自分が停める「横取り」をします。

横取りによって配偶者は次に別なタクシーを停めなければならないので、その間に調査員がタクシーで尾行する準備ができるのです。

このように、探偵は尾行をスムーズに進めるため、プロでなければできない様々な対策をします。

探偵が行う実際の浮気調査のやり方と事例

妻の浮気:自宅を張り込んで尾行、証拠を入手

単身赴任の夫が、妻と連絡が取れないことが増え、浮気を疑い探偵に調査を依頼したケースです。

調査員は自宅前で張り込みを行い、妻が出かけたところを数日間尾行しました。

その結果、ほぼ連日子どもをおいて深夜まで飲み歩いている事が分かり、その中には特定の男性宅に1人で出かけて早朝まで帰らないこともありました。

尾行と張り込みでしっかり顔まで確認できる証拠写真を入手し、夫へと渡しました。

夫の浮気:車にGPSを取り付けて尾行、証拠を入手

夫の深夜残業や休日出勤が急に増えたことを疑わしく思った妻が、探偵に浮気調査を依頼したケースです。

車は家庭で1台のみで、休日出勤のときに夫が使用することが多かったので、車にGPSを取り付け休日出勤だと申告された日に数日に渡り調査員が尾行しました。

その結果、特定の女性とアミューズメントパークなどでデートを楽しんだ後、女性の家に入っていく様子を複数回確認しました。

顔がはっきりわかる証拠写真と浮気相手の住所、勤務先などの情報を入手し、調査依頼をした妻に渡しました。

浮気調査を探偵に依頼する際の費用目安

平均30~60万円ほどの費用がかかる

調査費用の相場は必要な期間にもよりますが、平均30万から60万円ほどかかるので手軽に支払える金額ではありません。

そのため、スマホのアプリなどが充実してきたということもあってか、最近では自分で浮気の証拠を抑えるために調査をする人も増えています。

浮気調査を格安で行う探偵事務所は注意

浮気調査を依頼しようと探偵事務所をいろいろと調べてみると分かるのですが、料金設定に大きな幅があります。

事例などを見て100万円近い費用がかかる探偵事務所もあれば、3万円ポッキリと格安で浮気調査を行っている探偵事務所もあるため、料金の高い事務所と格安な事務所にどのような違いがあるのか知りたいはずです。

「安かろう悪かろう」ではありませんが、格安の料金設定な事務所は自社のスタッフではなく下請けの素人アルバイトがやっていたり、調査がずさん、後から高額な費用を請求する悪徳業者というケースも多いです。

もちろん調査以外の面でコスト削減を行っているので格安という探偵事務所もありますが、やはり基本的には調査費用が高い事務所の方が安全です。

費用がそれなりの事務所は調査員が元警察官や弁護士であったり、一定の経験を積んだ調査員のみが所属しているので、肝心の調査結果もしっかりとしています。

探偵事務所の浮気調査に関する口コミ

配偶者と口論になったときのアドバイスをしてくれた(30代/女性)

配偶者が浮気をしているのは確実で、離婚のために証拠を抑えたいと探偵に浮気調査を依頼しました。

調査が終わって証拠写真などを目の当たりにしたとき、配偶者への怒りが湧き上がり、口論になってしまったのですが、事前に担当の調査員の方から「口論になっても証拠写真を相手に突き出すことは絶対にしてはならない」とアドバイスをもらっていたので、なんとか自分を抑えることができました。

ほかにも、離婚の話し合いでは絶対に譲れない条件を明確にしておくことなど、浮気調査をして調査書を渡して終わりではなく、調査結果をもとにより納得のいく結末を迎えられるようにアドバイスをしていただいて、本当に心強かったです。

証拠として調べるべき項目についてアドバイスをしてくれた(40代/女性)

主人の浮気調査を依頼しましたが、そのときは自分がどうしたいかなどがわからない状態で、浮気の証拠はほしいけれど、そのほかのことについては何も考えていませんでした。

お願いした探偵事務所では、浮気相手に慰謝料を請求したいのであれば、証拠写真を撮影した後に浮気相手の住まいや勤務先を調べることができるなど、調べられる内容について最初にきちんと説明していただけたのがありがたかったです。

知り合いは証拠写真を渡されたときに、浮気相手の勤務先を調べることができると案内されたらしいのですが、それを調べるには追加で50万円かかるといわれたそうなので、もしそのような追加料金がかかってしまったら、予算もありますし満足できる調査結果は得られなかったと思います

事前に全て説明してくれるなど、とても良心的に対応してくださり感謝しています。

浮気調査とはまとめ

浮気調査は自分で行うことも不可能ではないので、浮気をしているか事実確認をしたいだけなら自分で調査しても問題ありません。

しかし、自分で調査をするとバレる確率が非常に高いです。

また、浮気の証拠を掴んで離婚をしたい、浮気の慰謝料を受け取りたい、自分が納得できる条件で離婚するための証拠がほしいという場合、素人で有用な証拠を集めるのはほぼ不可能です。

そのため、浮気調査をする場合は探偵に依頼することをおすすめします。

自分で調査をした場合、浮気の事実を確認できても、証拠写真を撮る際にボヤケてしまったり、配偶者と浮気相手の顔がしっかり写っておらず証拠として成立しないリスクが発生します。

特に浮気相手に慰謝料を請求したい場合、浮気相手の顔がはっきりと分かる写真の撮影は必須ですし、相手の名前や住所を調べる必要もあります。

そのため、浮気調査は探偵に依頼することをおすすめします。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧