探偵の仕事
6524view

探偵の尾行や監視は何故ストーカー・違法行為にならないか解説

探偵の尾行や監視は何故ストーカー・違法行為にならないか解説

探偵の仕事は一歩間違えるとストーカーと言われてもおかしくありません。張り込みや尾行など、それらの業務を街中で見かけたら、通行人でさえ不振に思う可能性も否定できないのです。けれど、同じような行為だとしても、ストーカーと探偵には明確な違いが存在します。

探偵の尾行や監視は何故ストーカー・違法行為にならない?

探偵の尾行や監視は違法行為にはならない

探偵の尾行や張り込みによる監視は一見するとストーカー規制法の対象になりそうですが、探偵はあくまでも「探偵業法」に則り仕事として尾行をしているのでストーカーになりません。

ストーカー規制法は尾行に対し恋愛感情や恨みといった、個人的な感情が絡んでいる場合に適用されます。

・ストーカー規制法
特定の者に対する恋愛感情、その他の好意の感情又は、それが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的(第2条)

そのため、ストーカーによる尾行はストーカー規制法の対象となり、逆に仕事で尾行をしている探偵はストーカー規制法の対象となりません。

探偵以外が尾行や監視をすると違法になる場合がある

逆に探偵でない人が張込みや尾行を行うと、違法行為になってしまいます。

ネットを見ると探偵の調査費が高いので自分で浮気調査を行い、ターゲットの張込み&尾行をしてみようという方は多いです。

しかし、探偵は「探偵業届出証明書」を各都道府県の公安に提出した上で、探偵業に則って張り込みや尾行をするので合法とされています。

「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって、当該依頼に係るものを収集することを目的として、面接による聞込み・尾行・張込み、その他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。
(第2条:「探偵の定義」)

要するに法律で張込みや尾行をして調査するのが探偵と決められているので、調査の一環としてターゲットを張込んだり、尾行しても問題ないのです。

しかし探偵でない一般人が張込みや尾行をすると、失敗する確率が高い上に相手に気づかれると、逆にストーカー行為として警察に検挙されてしまう危険があります。

探偵でも警察に通報されると捕まる?

結論から言うと、探偵は警察に通報されても基本的に捕まることはありません。

ターゲットや第三者の通報によって警察官が現れた場合、探偵は素早く名刺などを提示して身分を示し、仕事で張込み(または尾行)中であることを説明します。

警察官は示された身分証明書から身分照会を行い、本物の探偵であることが判れば「苦情が来てるから気をつけてね」と言って帰っていくだけです。

もちろんプロの探偵はターゲットに気付かれないように調査をしていますが、ターゲットにバレずともご近所による善意の通報などで稀に警察に接触される事があります。

浮気調査やストーカー調査では、同じ場所で何時間も張り込むことになるので、無関係の第三者から不審者と思われ、警察に通報される危険と隣り合わせだと言えるでしょう。

とはいえ、警察が介入してくる事態になった時点でその日の調査は終了です。後日調査員を変えるなどの対応をして調査を再開する必要があるでしょう。つ

そういう意味でも探偵の調査で重要なのは、“誰にも調査をしていると気付かれないこと”といえます。

違法な調査をしている場合は捕まる

ただし、いくら探偵業届出証明書を出していると言っても、尾行対象の土地に無断で侵入するなどの法律違反をしていた場合、警察に捕まる可能性があります。

とはいえ違法行為をすれば資格を剥奪されたり業務停止命令を喰らうので、大半の探偵事務所は法律に則って調査を行います。

稀に違法な調査をする探偵がいますが、最悪依頼した側まで罪に問われるリスクがあるので安易に依頼しないようにしましょう。

探偵でも警察に「ストーカー規制法」で捕まることはある?

前述した通り、基本的に探偵は尾行や張り込みをしてもストーカー規制法で捕まることはありません。

ただし、例外があります。それは依頼人がストーカーだった場合です。

本来なら探偵はストーカーの依頼は引き受けないのですが、依頼者がストーカーと見抜けず調査をしてしまうと調査に関わった探偵は警察に処分されてしまいます。

実際、過去には依頼人がストーカーだと気づけず、ターゲットの身辺を張込んでいた探偵が書類送検されたり、探偵の情報が元でストーカー被害が悪化して警察沙汰や殺人事件にまでなったケースもあります。

そのため、探偵がストーカーの依頼を受けた場合は最悪逮捕、もしくは廃業に追い込まれてしまいます。

探偵が警察に捕まった事例

探偵がストーカーに手を貸すことに厳しいのは、2014年に発生した『逗子ストーカー殺人事件』が原因です。

この事件は元交際相手の男性が別れた女性にストーカー行為を繰り返した挙句、姿を隠した女性の居場所を突き止め、女性を殺して自分も自殺してしまったというショッキングな事件でした。

事件の全容を調べていくうち、犯人の男が行方をくらました女性の居場所を探すのに探偵を雇っていたこと、そしてその探偵が女性の居場所を掴むのに、身分を騙って不正な方法で情報を取得していたことなどが判明したのです。

この事件は女性の新しい苗字を犯人に漏らしたのが警察だったという不祥事も大きかったのですが、警察のミスを誤魔化すため、ストーカーの仕事を安直に請け負った探偵と、その不正なやり口を非難の矢面に立たせた感は否めません。

とはいえ、この事件以降、依頼人がストーカーだった場合、請け負った探偵も“共犯”とされてしまうようになりました。

そのため、身辺調査や素行調査を依頼する場合、探偵は依頼人がストーカーではないかを徹底的に疑うようにしています。

探偵の尾行や監視はなぜストーカー・違法行為にならないのかまとめ

探偵の張込みや尾行が合法なのは、目的が“仕事”だからです。

特定の人物の後を尾けたり、張込んで監視する行為はストーカーと変わりません。

探偵は法律に則り依頼としてターゲットを調査しているので、ストーカーと違い特に個人的な感情はありません。

あなたが探偵に調査を依頼しようと考えているなら、必ず複数の探偵事務所に見積もりを行い、もっとも信頼できる事務所に依頼することをおすすめします。

都道府県から探偵を探す

関連記事一覧