国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

Pontaカード4種類を比較!ポンタポイントが効率よく貯まる方法も紹介

ローソンを始め多くのお店で利用出来る便利なPontaポイントですが、Pontaポイントを利用するにはPontaカードが必要です。

今回の記事ではクレジット機能のついた代表的なPontaカード4種類のメリットやデメリット、審査基準、口コミなどを徹底比較していきます。

Pontaカード4種類を比較!

クレジット機能付きのPontaカードにはとてもたくさんの種類のカードがありますが、今回の記事ではその中でも代表的な下記のカード4種類について紹介をしていきます。

JALマイルに交換出来るJMBローソンPontaカードVISA

まず最初に紹介するのが、JMBローソンPontaカードVISAです。このカードは名前の通りローソンでお得になるカードで、ローソンやナチュラルローソンでの利用でポイント還元率が通常の4倍の2%になります。

また貯めたポイントをJALのマイルに交換出来るのも特徴で、2pontaポイント=1マイルで交換が出来ます。

貯めたポイントはマイル以外にもPonta加盟店で利用が可能で、1Pontaポイント=1円として使えます。

他にもカードの発行会社であるセゾンの特典が付帯するのも特徴で、使えば使うほどお得なセゾンクラッセが利用出来たり、セゾンの優待店で割引を受けられます。

普段からローソンの利用が多く、また貯めたポイントをマイルに交換したい方にはおすすめのカードです。

ローソンでお得なローソンPontaプラス

次に紹介するのが先ほどのカードと同じくローソンでお得な、ローソンPontaプラスです。このカードは先ほど紹介したJMBローソンPontaカードVISAと違ってマイルに交換する事は出来ませんが、ポイント還元率は常時1%と優秀です。

ローソンで還元率が高くなるのは同様で、最大2%の還元率でポイントを貰えます。

またお得な入会キャンペーンを行っており、条件付きではありますが最大で3,000ポイントを獲得出来ます。

更にユナイテッド・シネマスで映画を見る際に割引が受けられたり、HOTELs.comでホテルを予約すると最大で8%もの割引を受けられたりと特典が豊富です。

JMBローソンPontaカードVISAと比較するとローソンで還元率が高いのは同じですが、通常時の還元率はこちらの方が高くなっている代わりにマイル交換は出来ないのが大きな違いです。

シェルでの給油でお得なシェルPontaクレジットカード

ガソリン給油の際でもお得な特典が受けられるのが、シェルPontaカードです。

カードの名称の通りシェルSSでの給油でポイントが貯まりやすいですが、シェルが出光と経営統合したことによりシェルだけでなく出光のSSや、新ブランドのapollostationのSSでも同様にお得な特典が付帯します。

ガソリン給油以外の還元率も1%と高いのもこのカードのメリットで、ポイントを貯めやすいカードとなっています。

またこのカードはこれまで紹介した2枚のカードと違って年会費が必要なカードですが、シェルや出光・ apollostation で年1回以上利用することで年会費は無料になります。

また貯めたポイントをマイルの交換出来るのも特徴で、車のガソリン給油だけでなく飛行機を利用する方にもメリットのある内容となっています。

このような特典に加えて、海外旅行保険もこのカードには付帯します。これまで紹介したカードには旅行保険は付帯してないので、この点は大きな違いと言えるでしょう。

とにかくポイントの貯まるPonta premium Plus

最後に紹介するのがポイントが貯まりやすいのが特徴のPonta premium Plusです。このカードに入会すると、条件付きではありますが入会キャンペーンで最大8,000ポイントが貰えます。

また通常のカード利用の還元率も1.0%と高還元率な事に加えて、更に7月と12月の利用は下記のように還元率がアップします。

  • 月間10万円以上のカード利用・・・+o.5%
  • 月間20万円以上のカード利用・・・+1.0%

7月と12月はボーナスの出る会社も多く、カードの利用額が増えやすい時期でもあるので、この時期で還元率がアップするのは嬉しい特典です。

このように他のカードと比べてもポイントが貯まりやすいのがこのカードの特徴ですが、リボ払い専用カードを選択すれば更にお得になります。

リボ払い専用カードは年会費が無条件で無料になるだけでなく、ポイント還元率も常時2.0%と2倍の水準となっています。

とにかくポイントが貯まりやすいのがこのカードの特徴ですが、リボ払いを選択する際には利息負担があるので注意が必要です。

更にこのカードはには、自動付帯の海外旅行保険と、利用付帯の国内保険が付帯しています。ポイントの貯まりやすさだけでなく、充実の特典が充実していることも特徴です。

Pontaポイントとは?

今回紹介しているPontaポイントは他のクレジットカードのポイントとは違って、様々な店舗で共通して利用出来る共通ポイントと呼ばれるポイント制度です。

Pontaポイントが使える店舗であれば交換の手間なくそのまま使えるので便利ですし、Pontaポイントの加盟店はとても多いので使い勝手が良いのが特徴のポイント制度です。

Pontaポイントを効率よく貯める方法

おすすめPontaカードに続いて、便利なPontaポイントを賢く効率良く貯める方法を紹介していきます。

二重取りを活用する

Pontaポイントは提携店で買物をしてPontaカードを提示することで貯まりますが、今回紹介しているようなクレジットカードを利用することで二重取りすることが出来ます。

提携店で買物をする際にカードを使って決済をすればクレジットカードのポイントも貯まるので、カードの提示で貯まるポイントと合わせれば二重でポイントを貯められます。

そのためクレジットカードを選ぶ際には、出来るだけ還元率の高いカードを選ぶことで効率良くポイントを貯めることが出来ます。

またPontaカードにはたくさんの種類があり、特定の店舗で還元率が高くなるカードがあります。例えば今回の記事で紹介しているローソンPontaプラスであれば、ローソンでの還元率が高くなっています。

他にもガソリンスタンドでお得になるなど様々な種類のカードがあるので、良く利用する店舗の発行しているPontaカードを選ぶことで効率良くポイントを貯めることが出来ます。

Ponta提携店を活用する

先ほど説明したようにPontaポイントは提携店で提示することでもポイントが貯まります。提携店でのカード提示による還元率は0.5%程度の店舗が多いですが、実は還元率は一律ではありません。

例えばローソンであれば0:00~15:59の時間帯は0.5%ですが、16:00〜23:59であれば1%の還元率になります。

このように還元率の高いPonta提携店を利用することも、効率良くポイント貯めるためには重要です。

またPontaポイントを貯める方法の一つに、他のクレジットカードのポイントからPontaポイントへと交換する方法があります。

この際もクレジットカードによって交換レートが違うので、出来るだけ交換レートの良いカードを利用するようにしましょう。

Pontaポイントモールを活用する

インターネットでショッピングを利用する方には、Pontaポイントモールを活用することで効率良くポイントを貯めることが出来ます。

Pontaポイントモールはふるさと納税や様々なネットショッピングが出来るサイトで、このサイト経由でショッピングをすることでポイント還元率が最大20倍になります。

Pontaポイントモールではノジマやニッセンなど有名企業の通販サイトが多数利用出来るので、普段からネットショッピングを利用する方には使いやすいサイトです。普段の買い物もPontaポイントモールを経由することで、効率良くポイントを貯めることが出来ます。

Pontaカードの口コミ・評判

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 60d4f9a46381df251acf640788b32859.jpg

Pontaポイントを効率良く貯める方法の次は、実際にPontaカードを使っているユーザーの口コミを紹介します。カードの概要を調べる際に、口コミ情報はとても有力な情報になるのでぜひチェックするようにしましょう。

Pontaがかわいくておすすめ

Pontaカードは便利でお得なのが特徴ですが、マスコットキャラクターのPontaが可愛くて人気があります。

Pontaポイントを貯めるとオリジナルのPontaグッズに交換することが出来るのも、Pontaポイントのカードの特徴の一つです。このTwitterのように、Pontaグッズ目当てで加入するユーザーも少なくありません。

貯めたポイントで外食が出来る

Pontaポイントは様々なお店で貯めやすいのが特徴ですが、それと同時にたくさんのお店で使えます。

使えるお店も旅行代理店や飲食店など多彩なので貯めたポイントを使って、自分へのご褒美として贅沢をする事も出来ます。

あなたにおすすめのPontaカードを紹介

今回の記事はPontaカードについて紹介していますが、Pontaカードにはとても多くのカードの種類があります。

そのためPontaカードに入会する際には、どのカードに入会するか迷ってしまう方も多いです。

ここではそのような方のために、目的別のおすすめPontaカードを紹介していきます。Pontaカードの種類に迷ってしまった場合の参考にして下さい。

直接Pontaポイント貯めたい方はPonta premium Plus

Pontaカードの種類には様々なラインナップがありますが、その中にはカードの利用額に対して直接Pontaポイントが貯まるものもあれば、給油額に応じて貯まるものもあります。

とにかくPontaポイントを貯めたい方にとっては、直接ポイントが貯まるタイプのカードがおすすめですが、その中でもポイントが貯まりやすいのがPonta premium Plusです。

カードの利用額に対して1.0%という高還元率でポイントが貯まるだけでなく、先程も紹介したように7月と12月は還元率がアップします。

Pontaポイントが直接貯まるので、わざわざポイントを交換する手間もかかりません。カードの利用で直接Pontaポイントを貯めたい方にはおすすめのカードです。

JALマイルを貯めたい方にはJMBローソンPontaカードVISA

JALユーザーでPontaポイントだけでなく、マイルも貯めたい方におすすめなのがJMBローソンPontaカードVISAです。

貯めたポイントをマイルにも交換出来るのが一番の特徴なので、貯めたポイントをマイルでも活用したい方には向いています。

しかしPontaポイントをマイルに交換する際には注意が必要で、Pontaポイントからマイルに交換をする場合と、マイルからPontaポイントに交換する場合では下記のようにレートが違います。

  • ポイントをマイルに交換・・・2ポイント→1マイル
  • マイルをポイントに交換(3,000〜9,000マイル)・・・1マイル→0.5マイル
  • マイルをポイントに交換(10,000マイル以上)・・・1マイル→1マイル

上記のように、貯めたポイントを一度マイルにしてしまうとポイントに戻す際には還元率が悪くなってしまうので注意しましょう。

普段から車を運転する方であればシェルPontaクレジットカード

普段から車に乗っており、ガソリン給油を昭和シェル・出光・apollostationで行う方にはシェルPontaクレジットカードがおすすめです。

先程も説明をしましたがガソリン給油でポイントが貯めやすく、年1回以上の利用で年会費を無料に出来るお得なカードです。

そのため給油の機会の多いドライバーにとってはお得なカードですが、このカードには更にお得な入会キャンペーンがあります。条件付ではありますが最大3,000円分のポイントがもらえるので、入会しておいて損のないカードとなっています。

まとめ|Ponta<ポイントが貯めやすいポンタカード

PontaカードはPontaポイントをお得に貯めることの出来るカードで、ローソンを始め様々な提携店で利用出来ます。

しかしPontaカードには実にたくさんの種類があるので、入会する際にはどのカードに入会するか迷ってしまう方も多いでしょう。

Pontaカードにはそれぞれ特徴があり、ポイントの貯まりやすいカードやマイルへの交換が出来るカード、ガソリンスタンドなど特定の店舗でお得なカードなどがあります。

そのため、カードを選ぶ際には、記事中でも紹介しているように自分の目的やライフスタイルに合ったカードを選ぶ事がポイントです。

こんな選び方も!クレジットカードランキングCard selection points