国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

ラグジュアリーカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

  • ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

    ラグジュアリーな優待多数の金属製カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.0%
    55,000円(税込) 55,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    3週間ほど マスターカード
    • 日本で初めての申し込み制ブラックカード!ワールドエリートマスターカード!
    • 24時間対応のコンシェルジュ・サービス!国内・海外旅行保険は最高1億円を補償
    • セレブ御用達!プライオリティ・パスが無料!空港ラウンジは同伴者1名も無料!
  • ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

    リムジン送迎などより充実したサービスが付帯する申込み制ブラックカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.0%
    110,000円(税込) 110,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    3週間ほど マスターカード
    • お金で買えない価値を提供するブラックカード!予約困難な名店も手配します
    • 東京23区内のレストランまではリムジンで送迎!万能なコンシェルジュがサポート!
    • 空港ラウンジのプライオリティ・パスにハワイアン航空Pualani Goldステータスも付帯
  • ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card

    インビテーション制(招待制)の最高峰カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 1.5%
    220,000円(税込) 220,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    招待制 マスターカード
    • 24金コーティングの黄金のブラックカード!選ばれた人だけが持てる招待制の最高峰カード
    • 24時間365日すぐに繋がるコンシェルジュ!国立美術館や全国映画館も無料で鑑賞可能!
    • 国内/海外旅行傷害保険は最高1億2千万円!プライオリティ・パスに国内外のホテル優待も付帯!
  • 法人ラグジュアリーカード Mastercard Black Card Business

    送迎、会員限定ソーシャルアワーなど豊富な特典が付帯した最高峰の法人カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.0%
    110,000円(税込) 110,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    2週間前後 マスターカード
    • チタンでは物足りないあなたへ!限定イベントやハワイアン航空の優待特典を追加
    • コンシェルジュサービスも上質に!メールと電話で受付可能
    • ラグジュアリーリムジンで送迎可能!セレブ感を楽しめるダイニング特典

ラグジュアリーカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

クレジットカードにはたくさんの種類がありますが、やはり高ステイタスのゴールドカードやプラチナカードは誰もが気になるカードです。ステイタスの高いカードは種類も豊富にありますが、その中でも高ステイタスを代表するカードとして近年注目を集めているのがラグジュアリーカードです。

日本でラグジュアリーカードの名前を聞くようになったのは比較的最近で、名前は知っていても実はどのようなカードか良く分からないという方もいるでしょう。今回の記事ではラグジュアリーカードについてカードの特徴やメリット・デメリットなども合わせて詳しく解説をしていきます。ラグジュアリーカードを検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

ラグジュアリーカードとは

ラグジュアリーカード 比較 ラグジュアリーカードとは

ラグジュアリーカードと言えば高ステイタスの富裕層専用のカードとして注目を集めていますが、日本で発行が始まったのは2016年とまだまだ新しいカードです。そのため名前は聞いたことがあっても、実はどのようなカードか知らないという方もいるでしょう。まずはラグジュアリーカードがどのようなカードなのかについて紹介していきます。

金属製のハイステイタスカード

ラグジュアリーカードの歴史は比較的新しく、2008年にアメリカで創業されました。アメリカの企業家として有名なスコット・ブラムという人物が、自分の使いたいカードがないと考えたことから始まりました。ラグジュアリーカードの一番の特徴とも言えるのがカードが全て金属で作られている点で、重厚感とシンプルなデザインがプレミア感を演出しています。

正式な会員数は公表していませんが日本でのサービス開始以降会員数は伸びており、その会員も他の高ステイタスカードと比べると30代や40代のビジネス成功者の割合が高いのも特徴です。カードに付帯する特典も従来の高ステイタスカードとは一線を画した内容で、ユニークな特典や体験型の特典が多いです。従来の高ステイタスカードとは違った、まさに新しいタイプのハイクオリティカードと言えます。

最上級ランクのMasterCard

ラグジュアリーカードのステイタスの高さが分かるのが、ラグジュアリーカードがMasterCardの中でも最高のランクとされるワールドエリートに選ばれている点です。あまり知られてはいませんが、MasterCardは発行しているカードをそれぞれのステイタスに応じて6段階にクラス分けをしています。

最もスタンダードなランクがスタンダードMasterCardで、続いて順番にゴールドMasterCard、チタンMasterCard、プラチナMasterCard、ワールドMasterCardと続き、一番ランクの高いのがワールドエリートです。ラグジュアリーカードは最高峰のワールドエリートに位置付けられており、国内で発行されているカードではTRUST CLUB ワールドエリートカードしかありません。このことからもラグジュアリーカードのステイタスの高さが分かります。

カードの種類は3種類

ステイタスの高さが魅力のラグジュアリーカードですが、同じラグジュアリーカードの中でも種類によってランクが違います。ラグジュアリーカードには、チタン・ブラック・ゴールドの三種類がありチタン→ブラック→ゴールドの順番にステイタスが高くなっていきます。

一般的なクレジットカードの場合だと、ゴールド→チタン・ブラックのような位置付けが多いのでラグジュアリーカードの場合は逆になっています。一番ステイタスの高いゴールドは完全インビテーション制なっており、直接申し込むことは出来ません。それぞれのカードの特徴や年会費、特典については後ほど詳しく解説を致します。

ギフトのようにカードが届く

ラグジュアリーカードは年会費・ステイタスともに高く特典も特別感溢れるものばかりですが、中でも象徴的なのがカードが届く際の包装です。通常はカードが郵送で届く際には封筒に入って届きますが、ラグジュアリーカードの場合は箱型で届きます。包装を開けると中にはジュエリーを購入した時のような豪華な箱が現れ、その中にラグジュアリーカードが梱包されています。

まるでギフトのように届くので、カードが自宅に届いた時からワクワク感が楽しめるのもラグジュアリーカードの魅力です。ネット上のオークションサイトを見てみると、まれにこの箱が出品されている事もあるほど価値のある包装となっています。

ラグジュアリーカードを徹底比較

ラグジュアリーカード 比較 徹底

ラグジュアリーカードはこれまで説明をしたようにハイクオリティカードを代表するスペックを持つカードと言えます。そのため多くの富裕層から指示を集めているカードですが、実際にそのカードの詳細についてはまだまだ知られていない部分も多いです。ラグジュアリーカードの名前は聞いたことがあっても、その詳細は実は知らないという方も少なくありません。

先ほども紹介したようにラグジュアリーカードにはチタン・ブラック・ゴールドの3種類があり、それぞれ年会費や特典の充実度合いも違います。ここではそれぞれの種類のラグジュアリーカードの特徴や特典について紹介をしていきます。

ラグジュアリーカードチタン

ラグジュアリーカードチタン

ラグジュアリーカードのラインナップの中でも最もベーシックなのがチタンカードですが、それでも年会費は55,000円と他のカード会社ではプラチナ級です。会員特典ももちろんプラチナ級で国内外の空港ラウンジ利用や、高級レストランを2名以上の利用で1名無料、世界の高級ホテルでの優待サービスなど高ステイタスカードの特典が付帯されています。

ラグジュアリーカードは体験型の特典が多いのも特徴で毎月一定回数まで映画鑑賞が無料で出来たり、国立美術館の所蔵品を無料で見れるなどの特典があります。また最近のコロナ禍の影響もあり、おうち時間を楽しめるように通常では手に入れる事が困難なお酒やお菓子を会員向けに販売したり、dTVを無料で見放題にしたりとその時々に応じた特典を展開しています。

保険も充実でしており海外旅行保険は自動付帯で最高1億円、国内旅行は旅行代金をカードで支払った場合のみ付帯する利用付帯ですが最高1億円という手厚い保険が付帯します。ポイント還元も高還元でキャッシュバックで1%、商品交換の場合は2.2%もの高還元になります。このように他のカードには無い手厚い特典が、ラグジュアリーカードの魅力です。

ラグジュアリーカードブラック

ラグジュアリーカードブラック

続いて紹介するのがブラックカードで年会費は11万円と、かなりの高額になります。しかし特典もその分豪華になっており高級レストラン利用時には、往路の片道だけですがリムジンの利用をすることが可能です。更には銀座にある完全会員制ラウンジ「VILLA FOCH GINZA」をカフェタイムであれば無料、バータイムでも優待料金で利用する事が出来ます。(チタンカードの場合は別途料金が必要になります。)

ポイント還元率もブラックは良くなっており、キャッシュバックで1.25%、商品交換であれば2.75%という還元率になります。更に無料の映画鑑賞もチタンであれば月1回ですがブラックの場合は月2回、海外旅行保険も最大1億2,000万円とチタンを大幅に上回る特典内容となっています。またソーシャルアワーと呼ばれるラグジュアリーカード会員限定のテイスティングイベントへ参加出来るのも、ブラックカードからになります。

このようにブラックカードはチタンを上回る特典内容となっていることから、ラグジュアリーカードの中でも会員数の多いカードです。ラグジュアリーカードの場合は次に紹介するゴールドカードが完全インビテーション制ですので、申込で加入出来る最高クラスのカードはこちらのブラックになります。そのため申し込む方の割合もチタンではなく、ブラックから申し込む方の方が多くなっていることも会員数の多い理由です。

ラグジュアリーカードゴールド

ラグジュアリーカードゴールド

最後に紹介するのが、ラグジュアリーカードの中でも最高のステイタスを誇るゴールドカードです。このゴールドカードは24金でコーティングされた金属製カードなので、重厚感と存在感のある作りになっています。年会費は22万円とブラックカードの倍の水準ですが、カードの特典もブラックを上回る内容となっています。

ポイント還元率はキャッシュバックで1.5%、商品交換の場合は何と3.3%という高還元率になります。映画館の無料鑑賞も月3回までで、更に保険も海外旅行や国内旅行の保険に加えて交通事故傷害保険/賠償責任保険が最大1億円で付帯します。更にレストランサービス利用時の送迎もブラックの場合は往路の片道でしたが、ゴールドの場合は復路も利用が可能です。まさに最高峰のステイタスと特典が付いてくるのがラグジュアリーカードのゴールドと言えます。

ラグジュアリーカードのメリット

ラグジュアリーカード 比較 メリット

ここまで説明してきたようにラグジュアリーカードはとても特典の豊富な、富裕層専用のカードと言えます。高額な年会費にもかかわらず会員は毎年増えているのは、やはりメリットが多い事が要因と言えるでしょう。ここではラグジュアリーカードのメリットについて紹介をしていきます。

コンシェルジュサービスが優秀

ラグジュアリーカードのメリットで代表的なのが24時間365日対応のコンシェルジュです。ホテルやレストランを予約してくれるだけでなく、気になる商品を探してくれたり旅行のプランを提案してくれたりとまさに秘書が付いている感覚です。他の高ステイタスカードでもコンシェルジュサービスはありますが、電話をかけても中々繋がらなかったりという事も少なくありません。

ラグジュアリーカードは電話の待ち時間もほとんどなく、コールセンターにありがちな自動音声もありません。またブラックカード以上であれば電話だけでなくメールでよ対応してくるので、忙しい富裕層にはとても使いやすいと評価されています。

ポイントサービスも秀逸

高ステイタスカードの中には、ポイント還元率やポイントサービスがあまり充実していないカードもあります。他の特典が充実しているのでポイントはそこまで求めないという考え方ですが、ラグジュアリーカードの場合はポイントプログラムも秀逸です。還元率は先程カードの種類で紹介したように、最高で3%を超える還元率になります。更にSuicaチャージなどの電子マネーでもポイントが貯まったり、誕生月はポイントが溜まりやすかったりととても充実しています。

溜まったポイントの使い道も幅広く、Amazonギフト券やスターバックスカードへのチャージ、マイルへも交換手数料無料で交換が可能です。更に他では手に入らないワインなど、ラグジュアリーカードならではの商品に交換出来るのも魅力の一つです。また貯めたポイントの有効期限も5年となっており、他のカードと比べても長くなっているのも特徴です。

新生銀行でも優遇

ラグジュアリーカードは日本のオフィシャルパートナーとして、新生銀行と新生銀行グループのカード会社アプラスが提携をしています。そのためラグジュアリーカード持っていると新生銀行で優遇を受ける事が出来るメリットがあります。例えばラグジュアリーカードを新生銀行で申し込みをすれば、初年度の年会費が半額になるキャンペーンを行っています。他にも新生銀行で定期預金を作成する際にラグジュアリーカードを提示すれば金利が上乗せになったり、投資信託を購入すると金額に応じてギフト券が貰えるなどの優待を受ける事が出来ます。

どこでもVIPサービスが受けられる

ラグジュアリーカードの特典は先程一部を紹介をしましたが、世界中の空港やホテル、レストランで特別な優待が受けられることです。その種類の多さは他の高ステイタスカードと比べてもかなり多いです。また日本ではまだまだ新しいカードですが、世界的にはハイクオリティカードとして知られています。そのためラグジュアリーカードを持っていれば、世界のたくさんの場所でVIPサービスを受ける事ができます。どこへ行っても一流のサービスを受けられる事は、ラグジュアリーカードの大きなメリットの一つです。

ラグジュアリーカードのデメリット

ラグジュアリーカード 比較 デメリット

ラグジュアリーカードの特典やメリットについて詳しく解説してきましたが、入会を検討する際にはデメリットを知っておくことも重要です。ここではラグジュアリーカードのデメリットについて見ていきましょう。

年会費が高い

ラグジュアリーカードの一番のデメリットと言えるのが、年会費の高さです。一番安いチタンでも5万5千円、ゴールドの場合は22万円と他のカードと比べてもかなりの高額です。その分特典が多くステイタスが高いのがラグジュアリーカードの魅力とも言えますが、一般的なサラリーマンの収入であればこの高額な年会費を負担するのは難しいでしょう。ラグジュアリーカードは高額な年会費であっても負担にならないほどの収入がなければ持つ事も出来ない、まさに富裕層専用のカードと言えます。

日本国内での認知度は高くない

ラグジュアリーカードは日本で発行が始まって、まだ5年程度と歴史が浅いです。そのためアメックスやダイナースなどと比べるとまだまだ認知度が低いというデメリットがあります。しかし海外での認知度は高く、また日本での発行枚数も増えていることからいずれ認知度は広まっていくと考えられます。

また富裕層の中には他の方があまり持っていないカードを持ちたいと考えられる方もいるので、この点はデメリットに感じない方もいるでしょう。いずれにしてもあと数年もすれば日本国内での認知度も今よりも格段に上がっていると考えられます。

特典を活用しきれない場合もある

ラグジュアリーカードの特典はとても豊富で、その多くがトラベルや体験型のものが多いです。そのため特典を活用するには旅行や外食などに頻繁に行く必要がありますが、コロナ禍で旅行などに行きにくかったり、そもそもあまり旅行や外食をしないという方であれば特典を活用しきれ無い場合もあります。

せっかく高い年会費を払っても特典を活用しきれなければ無駄になってしまうので、ライフスタイルによっては特典を活用しきれない場合がある事はデメリットの一つと言えるでしょう。

ラグジュアリーカードの審査基準

ラグジュアリーカード 比較 審査基準

今回の記事ではラグジュアリーカードの内容について詳しく解説してきましたが、やはり気になるのは審査基準でしょう。これだけ特典が多くステイタスの高いカードなので、審査のハードルが高いのは言うまでもないですが、実際の基準について知りたい方も多いはずです。ラグジュアリーカードの審査基準について紹介をしていきます。

年収と個人信用情報が重要

ラグジュアリーカードに限らずクレジットカードの審査基準の詳細は公開はされていないので、詳しい基準は不明です。しかし審査の際にはどこのクレジットカード会社でも個人信用情報期間に照会をして、これまでのカードやローンの利用状況、いわゆるクレジットヒストリーを確認します。このクレジットヒストリーがカードの審査においてはとても重要と言われており、ラグジュアリーカードも例外ではありません。

過去に延滞や事故などがないのはもちろん、ラグジュアリーカードの場合は良好な利用実績があることが前提になります。一般カードの審査の場合だとクレジットヒストリーが良ければ概ね審査は通過しますが、ラグジュアリーカードの場合はやはり年収も重要なポイントと言われています。

しかしラグジュアリーカードの申込基準には年収要件はなく、いくら以上であれば通過するかどうかは分かりません。そのため明確な基準を紹介することは出来ませんが、過去の事例などを参考にすると大企業の管理職の方がもらう程度の収入、具体的には700万円程度が目安となっているようです。しかし中には400万円でも通過した事例もあるので、やはり収入だけでなくクレジットヒストリーとの両方が重要視されていると言えます。

審査落ちする人の共通点

ラグジュアリーカードの明確な審査基準は公開されていないので分かりませんが、審査が通らなかった人には一定の共通点があります。ラグジュアリーカードの審査落ちする人に多い共通点には次のようなケースが多いです。

クレジットヒストリーがない

これまでローンやクレジットカードをいっさい利用したことの無い方の場合、審査落ちしてしまうケースがあります。このようなケースはスーパーホワイトとも言われており、個人信用情報期間を調べても何の情報も出てきません。そのため審査をするカード会社からしたら返済の実績もなく、そもそも実在する人物かどうかも分かりません。一般カードの審査であればそれでも通過することはありますが、ラグジュアリーカードの場合は実績が無いと審査を通過する事は出来ないようです。

同時に何枚ものカードに申込をしている

カードの審査の際には必ず個人信用情報機関の調査を行うことは先程も説明しました。個人信用情報機関にはカードの申込情報は即座に反映されるため、同時期に何枚ものカードに申し込んでいると全て分かります。

審査が不安で何枚も申込をしてしまう場合もあるかもしれませんが、審査をするカード会社の立場からすると他のカード会社に何社も申込をしている方は信用出来ません。

もしかしたらお金がないのかもしれませんし、中々審査が通らず手当たり次第に申込をしている可能性があります。このように同時期に何枚も申込をしていると、一般カードならまだしもラグジュアリーカードの場合だと審査は通りません。

アプラスで過去に延滞等があった

ラグジュアリーカードは日本では信販会社のアプラスを通じて発行されています。そのため審査の際には個人信用情報機関の調査以外に、アプラスでの利用履歴も調べられます。仮に個人信用情報機関の調査で何も問題がなくても、アプラスで過去に延滞などがあると審査に影響が出る可能性があります。

個人信用情報機関の情報は延滞などがあっても数年で消えると言われていますが、社内の情報はいつまでたっても消えません。そのため過去にアプラスで延滞や事故があった場合にはラグジュアリーカードの審査は通らないようです。

ゴールドカードはインビテーション制

これまでラグジュアリーカードの審査について説明して来ましたが、ラグジュアリーカードの3種類のうちゴールドはインビテーション制となっています。直接申し込むことは出来ないので、当然審査基準もありません。

インビテーションが届けばほぼ無審査で入会が可能ですが、インビテーションが届く条件は公開されていません。一般的には年間の利用額が基準になると言われており、その金額は3〜4百万円以上とも言われています。いずれにしてもゴールドに入会出来る明確な基準は不明なので、チタンやブラックで実績を積み重ねるしかありません。

まとめ|金属製の高ステイタスを象徴するカード

ラグジュアリーカード 比較 まとめ

今回の記事では世界でも最高峰のステイタスを誇るラグジュアリーカードについて詳しく紹介をして来ました。ラグジュアリーカードは日本では歴史の浅いカードですが、そのステイタスの高さと特典の豊富さとユニークさから会員数の増えているカードです。カードが金属製で出来ているのも特徴で、ステイタスのシンボルとも言えるような上質なカードとなっていることも人気の一つです。

当然入会には厳しい審査があり、年会費も高額ですがそれを補ってもあまりある特典があります。ラグジュアリーカードを持っているだけで豊かなライフスタイルが送れるだけでなく、富裕層であることが証明出来るカードです。ラグジュアリーカードの入会を検討している方は、今回の記事を参考にしてください。

  • ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

    ラグジュアリーな優待多数の金属製カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.0%
    55,000円(税込) 55,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    3週間ほど マスターカード
    • 日本で初めての申し込み制ブラックカード!ワールドエリートマスターカード!
    • 24時間対応のコンシェルジュ・サービス!国内・海外旅行保険は最高1億円を補償
    • セレブ御用達!プライオリティ・パスが無料!空港ラウンジは同伴者1名も無料!
  • ラグジュアリーカード Mastercard Black Card

    リムジン送迎などより充実したサービスが付帯する申込み制ブラックカード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.0%
    110,000円(税込) 110,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    3週間ほど マスターカード
    • お金で買えない価値を提供するブラックカード!予約困難な名店も手配します
    • 東京23区内のレストランまではリムジンで送迎!万能なコンシェルジュがサポート!
    • 空港ラウンジのプライオリティ・パスにハワイアン航空Pualani Goldステータスも付帯
  • ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card

    インビテーション制(招待制)の最高峰カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 1.5%
    220,000円(税込) 220,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    招待制 マスターカード
    • 24金コーティングの黄金のブラックカード!選ばれた人だけが持てる招待制の最高峰カード
    • 24時間365日すぐに繋がるコンシェルジュ!国立美術館や全国映画館も無料で鑑賞可能!
    • 国内/海外旅行傷害保険は最高1億2千万円!プライオリティ・パスに国内外のホテル優待も付帯!
  • 法人ラグジュアリーカード Mastercard Black Card Business

    送迎、会員限定ソーシャルアワーなど豊富な特典が付帯した最高峰の法人カード

    年会費 ポイント還元
    初年度 2年目以降 0.5%~1.0%
    110,000円(税込) 110,000円(税込)
    発行期間 ブランド
    2週間前後 マスターカード
    • チタンでは物足りないあなたへ!限定イベントやハワイアン航空の優待特典を追加
    • コンシェルジュサービスも上質に!メールと電話で受付可能
    • ラグジュアリーリムジンで送迎可能!セレブ感を楽しめるダイニング特典