国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

三井住友トラストVISAレディースカード

三井住友トラストVISAレディースカード
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,375円(税込)
還元率 0.5%
発行日数 約1週間
年会費 初年度 無料
2年目以降 1,375円(税込)
家族カード 無料
旅行保険 海外 2,000万円※自動付帯最高300万円
国内 2,000万円※自動付帯最高300万円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー idwaonedy
国際ブランド VISAカード
発行会社 三井住友トラストカード
発行期間 約1週間
  1. point1専業主婦も申し込める!三井住友信託銀行グループの女性専用カード!
  2. point2年会費は格安で初年度無料!ポイント還元率0.5%!
  3. point3最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険+ショッピング保険が自動付帯!

三井住友トラストVISAレディースカードは、三井住友トラストクラブというカード会社が発行する女性用カードとなっており、女性に嬉しい特典が付帯をします。

三井住友というと三井住友銀行グループの三井住友カードがありますが、こちらは三井住友信託銀行グループのカード会社です。

今回の記事ではそんな三井住友トラストVISAレディースカードのメリットやデメリット、審査基準について詳しく紹介をしていきます。

三井住友torasuto

三井住友トラストVISAレディースカードのメリット

三井住友トラストVISAレディースカード メリット

まずは三井住友トラストVISAレディースカードのメリットから見ていきましょう。

入会キャンペーンで最大8,000円分のポイントが貰える

三井住友トラストVISAレディースカードでは定期的に入会キャンペーンを行っており、多くの場合最大で8,000円相当のポイントが貰えます。

もちろん最大ポイントをもらうには下記のような上限を満たす必要がありますが、このように沢山のボーナスを貰えるのも三井住友トラストVISAレディースカードのメリットです。

  1. インターネットサイト「Vpass」への登録&メルマガ配信可:500円相当
  2. ショッピング利用合計5万円以上:最大3,000円相当
  3. 家族カードの作成:1,000円相当
  4. 公共料金や携帯電話の支払い:3,500円相当
  5. 合計:8,000円相当のポイント

利用額に応じてボーナスポイントが貰える

三井住友トラストVISAレディースカードはカードの利用額に応じて、通常0.5%のポイントが溜まります。

通常利用時の還元率は決して良いとは言えませんが、このカードはカードの利用額に応じてボーナスポイントが貰える特典が付帯します。

具体的には1年間のカード利用額に応じて、下記のようにステージが決まります。

  • 50万円以上100万円未満・・・V1
  • 100万円以上300万円未満・・・V2
  • 300万円以上・・・V3

そして上記のランクに応じて、下記のようにカードを利用する度にボーナスポイントが貯まります。

  • V1・・・カード利用額50万円で50ポイント、以降10万円毎に10ポイント
  • V2・・・カード利用額50万円で75ポイント、以降10万円毎に15ポイント
  • V3・・・カード利用額50万円で150ポイント、以降10万円毎に30ポイント

ポイントUPモール活用でポイントが最高20倍貯まる

ネットショッピングをする際に、三井住友トラストクラブが運営をしている「ポイントアップモール」を経由して買い物をする事で、ポイント還元が最大で20倍になります。

またネットショッピングだけでなく、「ココイコ!」というサービスであらかじめ指定した店舗でカードを利用すると、ポイント還元率がアップする特典も付帯をしています。このようにポイントアップする仕組みは豊富なのも、メリットの一つです。

リボ払いでポイントが2倍になる

三井住友トラストVISAレディースカードではマイ・ペイすリボというリボ払いのサービスがあります。リボ払いで毎月の返済額を安定しつつ、いつでも追加返済が可能な便利な支払い方法です。

この支払い方法を選択した場合は、ポイント還元率が2倍になります。とても便利でお得な支払い方法ですが、リボ払いはつい使い過ぎてしまう事もあるので注意が必要です。

リボ払いは危険!借金地獄になる仕組みや脱出方法を紹介

旅行好きに嬉しい旅行保険が付帯している

しっかりとした内容の旅行保険が付帯するのも、このカードのメリットです。

海外旅行保険は最大2,000万円、その内300万円はカードを持っているだけで付帯する自動付帯となっています。

国内旅行保険も同様に最大2,000万円が付帯をしており、その内300万円が自動付帯となっています。レディースカードだけに、旅行好きな女性にピッタリな特典が付帯をしています。

年会費を考えれば十分な保険スペックと言えるでしょう。

三井住友トラストVISAレディースカードのデメリット

三井住友トラストVISAレディースカード デメリット

メリットの次は、デメリットについて見ていきましょう。

基本のポイント還元率が低い

三井住友トラストVISAレディースカードのデメリットの一つは、基本のポイント還元率が0.5%と低い点です。

高還元率と言われるカードの中には、年会費が無料でも1.0%を超える還元率のカードもあるので、この点はデメリットと言えます。

MasterCardが選べない

三井住友トラストVISAレディースカードのもう一つのデメリットが、国際ブランドがVISAしか選べない点です。

国際ブランドの中ではVISAは一番シェアが高く、世界的に見ても一番利用出来る店舗が多いです。

しかし欧州など地域的に見ればMasterCardの方が強いエリアもあります。

欧州に旅行するのが好きな女性であればMasterCardを選んでおきたい所ですが、残念ながらVISA以外は選ぶことが出来ません。

このように国際ブランドに選択肢がないのはデメリットと言えます。

電子マネーチャージでポイントが付かない

カードの利用でポイントが貯まるのがクレジットカードのメリットですが、このカードの場合はnanacoやwaon、モバイルSuicaやモバイルPASMOなどへのチャージはポイント付与対象外となります。

電子マネーチャージでのポイント付与の可否はカードによって様々ですが、最近はポイント対象となるカードも少なくありません。

この点は三井住友トラストVISAレディースカードのデメリットと言えます。

三井住友トラストVISAカードとの違い

三井住友トラストVISAレディースカード 違い

今回紹介をしている三井住友トラストVISAレディースカードは女性のためのカードですが、よく似たカードとして「三井住友トラストVISAカード」があります。

違いは下記のようになっています。

  • 国内旅行保険の有無(三井住友トラストVISAカードは付帯しない)
  • 海外旅行保険の自動付帯の有無(三井住友トラストVISAカードは利用付帯のみ)

大きな違いはレディースカードの方が旅行保険が充実している点です。

旅行好きな女性にピッタリな特典が付帯しているのがレディースカードの特徴です。

三井住友トラストVISAカード(クラシック)

三井住友信託銀行の標準カード!初年度無料!
信頼の三井住友信託銀行グループのスタンダードカード!

詳細を見る

三井住友トラストVISAレディースカードの審査基準・難易度

三井住友トラストVISAカード 審査基準

カードの概要の次は、審査基準について見ていきましょう。

年収200万円あれば通過が可能

三井住友トラストVISAカードは審査が厳しいと言われる銀行系のカードになりますが、このカードはオーソドックスな一般カードなので、そこまで厳しい基準ではありません。

実際にカードの入会基準は下記のようになっています。

  • 原則として、満18歳以上(高校生をのぞく)
  • ご本人に安定継続収入のある方

安定収入が入会条件となっていますが、安定収入の基準は一般的には200万円と言われています。そのため年収が200万円を超えていれば、十分に審査が通過する可能性はあるでしょう。

また審査の際にはこれまでのクレジットヒストリーもチェックされます。過去の延滞はもちろん、他社からの借入が多い場合は審査上マイナスになってしまう点には注意しましょう。

逆に言えば過去のクレジットヒストリーが問題無ければ、審査に通過する可能性が高いと言えるでしょう。

審査期間は2週間程度かかる

三井住友トラストVISAカードの審査期間は、2週間程度と一般的な水準となっています。

審査スピードの速いカードなら即日発行のケースもありますが、三井住友トラストVISAカードでは対応をしていません。

また、審査に通過してもカードが手元に届くまでには郵送期間もかかるので、申込の際には時間に余裕を持って申込をしましょう。

まとめ|旅行保険が充実した女性用の三井住友トラストVISAカード

三井住友トラストVISAカード まとめ

三井住友トラストVISAレディースカードは、三井住友信託銀行系のカード会社の発行するカードです。

レディースカードの名前の通り、旅行好きな女性に嬉しい旅行保険が充実しているカードとなっています。

また、ポイントの貯まりやすい仕組みが豊富にあるので、カードを使うほどお得にポイントが貯まるのも特徴です。

電子マネーのチャージでポイントが付かなかったり、国際ブランドはVISAしか選べないなどのデメリットはありますが、女性とっては使いやすいおすすめカードを言えますので、この機会に申込をしてみても良いでしょう。

基本情報

入会資格 満18歳以上の女性の方(主婦の方もどうぞ)(高校生は除く)
発行会社 三井住友トラストカード
本社所在地 東京都港区芝3-33-1
創業 1983年6月
発行可能ブランド VISAカード
発行期間 約1週間
年会費 1年目 無料
2年目以降 1,375円(税込)
家族カード 1年目 無料
2年目以降 440円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 550円(税込)※条件付き無料

ポイント還元

ポイントプログラム ワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 2年間
最低交換単位 100ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANA
マイレージ還元率 1pt = 1.5~3マイル
最低交換単位 100ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー idwaonedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 2,000万円※自動付帯最高300万円
傷害・疾病 100万円
携行品損害 20万円
国内旅行傷害保険 2,000万円※自動付帯最高300万円
ショッピング保険 100万円
備考

三井住友トラストVISAレディースカードでよくある質問

三井住友カードとは違いますか?

良く似ていますが、別のカードです。今回紹介している三井住友トラストVISAレディースカードは、三井住友信託銀行系のカード会社となります。

三井住友トラストVISAレディースカードは年会費を無料に出来ますか?

入会時の初年度は年会費が無料ですが、その後は残念ながら年会費が無料になる特典はありません。

三井住友トラストVISAレディースカードは空港ラウンジは利用出来ますか?

三井住友トラストVISAレディースカードでは空港ラウンジの利用特典は付帯をしません。

三井住友トラストVISAレディースカードの解約方法を教えて下さい。

カードの解約は、下記サービスデスクに電話をすると手続きが可能です。
03-6737-0800
受付時間 9:00~16:00(土・日・祝日・12/30~1/3休)