国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカード/ファースト

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカード/ファースト
年会費 初年度:47,300円(税込)
2年目以降:47,300円(税込)
還元率 1.5%
発行日数 最短3営業日
年会費 初年度 47,300円(税込)
2年目以降 47,300円(税込)
家族カード 9,900円(税込)
旅行保険 海外 最高1億円(自動付帯5,000万円)
国内 最高1億円
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー suicaedy
国際ブランド ダイナースクラブ
発行会社 三井住友トラストクラブ
発行期間 最短3営業日
  1. point1マイル還元率1.5%!100円で1.5マイルが直接貯まる!
  2. point2最高1億円の国内・海外旅行保険!国内外の空港ラウンジが無料!
  3. point3ダイナース特典に実質無期限のマイレージ!ANAでも利用可能!

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストはユナイテッド空港のマイルが貯まるのが特徴の、ダイナースクラブが発行するカードです。マイレージプラスが貯まるカードはMUFGやセゾン、JCBなど複数ありますがその中でも最高クラスのステイタスを誇るカードです。

カードの年会費は下記の通り47,300円と高額ですが、最高水準のマイル還元率やプラチナカードクラスの多彩な特典が付帯します。今回はマイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストについて詳しく解説をしていきますので、入会を検討している方はぜひ参考にして下さい。

マイレージプラスダイナースクラブファースト

マイレージプラス ダイナースクラブファーストのメリット

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファースト デメリット

高い年会費を補ってあまりあるメリットがあるのが特徴のマイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストです。まずはメリットから紹介をしていきます。

クレジットカードの中でも最高水準のマイル還元率

このカードの一番のメリットは、何と言ってもマイルの還元率の良さがあります。国内・海外を問わず利用額に対して何と1.5%ものマイルが貯まります。マイレージプラスが貯まる他のカードと比較をしても、下記の通り還元率は一番良いことが分かります。

  • MileagePlus MUFGカード・ゴールドプレステージ・アメリカン・エキスプレス・カード=海外1.5%国内1.0%
  • MileagePlus UC ゴールドカード=1.0%
  • MileagePlusセゾンカード=1.5%(追加費用5,500円のマイルアップメンバーズに登録した場合)
  • MileagePlusセゾンゴールドカード=1.5%(年間75,000マイルを超えると0.5%になる)
  • MileagePlusセゾンプラチナカード=1.5%(年会費55,000円・税込)

どのカードも高還元率ですが上限マイルが決まっていたり、年会費が高くなっています。そのため他のカードと比較をしても還元率が一番良いと言えます。

入会・継続でマイルが更に貯まる!有効期限も無い

還元率が良い事に加えてボーナスマイルが豊富に貯まりやすいのもメリットで、入会後3ヶ月以内にカードを10万円以上利用をすれば10,000マイルが貯まります。

更に年間500万円以上のカード利用があれば、継続の都度5,000マイルが貰えます。このようにマイルが貯まりやすいことに加えて、貯めたマイルには有効期限が無いのも大きなメリットです。

プラチナカードクラスの多彩な特典が付帯している

ダイナースクラブはアメックスと並んで高ステイタスを象徴するカードブランドです。そのブランドに恥じない多彩な特典が付帯しているのが、マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストのメリットです。カードに付帯する特典には、下記のようなものがあります。

  • 世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジが利用出来る
  • 最高1億円の旅行保険
  • 高級レストラン2名以上の利用で1名が無料
  • ゴルフ場での優待価格やプライベートレッスンなどのゴルフ特典
  • 海外旅行時の手荷物宅配サービス
  • トラベルデスクで旅行・出張の手配が出来る
  • 会員限定のイベント

カードの限度額が無い

通常クレジットカードには限度額が設定されていますが、マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストの場合は決められた限度額はありません。

カード利用者のこれまでの実績毎に限度額が設定されており、更に高額な利用予定がある場合は事前に相談をすることで対応してもらえる場合もあります。このように利用額や実績に応じた柔軟な対応をしてもらえる点もメリットです。

家族会員の特典も充実している

年会費9,900円と本会員に比べるとかなり割安な年会費で発行出来る家族カードですが、本会員同様の特典が付帯をしています。空港ラウンジの利用はもちろん、グルメサービスやゴルフ場での優待は同様ですし最高1億円の旅行保険が付帯します。

また家族カードでの利用額でもマイルが貯まるので、効率的にマイルを貯めることが出来ます。ご家族の方も豪華なサービスを受けられるのもメリットです。

マイレージプラス ダイナースクラブファーストのデメリット

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファースト デメリット

メリットの次は、デメリットについて紹介をしていきます。

各種支払のマイル還元率が改悪された

高水準のマイル還元率が魅力のカードですが、実は2020年10月よりマイルの還元率が下記のように改悪をされています。

  • 海外ショッピング利用2.0%→1.5%
  • 公共料金・税金・電話・通話料・ETC代金1.5%→0.5%
  • Edyチャージ・モバイルSuica等1.5%→0%

元々は海外ショッピングで2%が貯まりその他の支払い方法でも1.5%の還元でしたが、上記のようにカードの支払い方法によっては還元率が改悪されています。

カードの利用先によっては還元率が低い

還元率1.5%の高還元率が魅力ですが、上記の改悪によって一律1.5%ではなくなっています。公共料金や税金支払い等の利用の場合は0.5%、モバイルSuicaへのチャージなどに至ってはマイルが貯まりません。

このようにカード利用先によっては還元率が悪くなる点も、デメリットです。

一部で利用出来ないお店がある

ダイナースクラブは世界で幅広く利用出来る国際ブランドの一角ではありますが、VISAやMasterCardに比べるとシェアや加盟店数は多くはありません。そのため一部の地域においては、カードが利用出来ない店舗があるのもデメリットです。

日本国内においても以前は使えないお店も多々ありましたが、現在ではJCBとの提携が始まっているのでほぼ利用には問題ありません。

また、ダイナース発祥の地であるアメリカやハワイなら利用には問題ありませんが、アジア諸国やヨーロッパではまだ利用出来ない場合もあるようです。

高い年会費を払っても特典使いきれない場合もある

高い年会費の代わりに充実した多彩な特典が付帯されるのがマイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストのメリットですが、その特典の多くが旅行や出張、外食やゴルフなどに関連をしています。

そのためあまり旅行に行かなかったり、外食をしない方にとっては特典を持て余してしまう可能性があります。頻繁に出張や旅行で世界を飛び回る方ような、まさに富裕層向けのカードとなっています。

マイレージプラス ダイナースクラブファーストの審査基準・難易度

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファースト 審査

高ステイタスを象徴するようなカードと言えますが、やはり気になるのは審査基準です。マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストの審査基準を紹介をしていきます。

以前ほど審査は厳しくないが一定のステータスは必要

ここまで紹介したようにまさに富裕層の方向けのカード言えますから、一般カードに比べると審査基準は厳しめとなっているようです。しかし入会基準を見てみると、近年では審査基準も緩和をされていることが分かります。

ダイナースクラブへの入会基準は、以前は「原則として、33才以上、勤続10年以上の役職者または自営10年以上、自家保有が目安」とされていましたが、現在では下記のようになっています。

  • 年齢27歳以上の方
  • クレジットヒストリーが安定している方

勤続年数や役職の要件が無くなったことで、入会基準はかなり緩和をされました。とは言っても審査の厳しさは他のカードよりも高いことは変わりなく、過去のクレジットヒストリーはもちろん属性面の情報が重要です。

具体的な年収要件は公式で開示をされてはいませんが、年収5~600万円以上あれば通過する事例もあるようです。

高ステイタスカードの審査では過去の利用実績なのが良好なのはもちろん、年収や勤務先などの属性情報も重視される傾向にあります。

入会基準は緩和をされているものの、やはり持てる方は限定されている富裕層向けのカードであると言えます。

審査期間は少し長め

審査期間は2~3週間と言われており、一般カードに比べると少し長めの水準です。これは審査を機械的に行っているのでなく、人の手で行っているためと言われています。

ネット経由からの申し込みであれば若干審査期間は早くなりますが、それでも限度額の無い高スペックなカードだけに審査には時間がかかるようです。

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストへ申込の際には、期間に余裕を持って申し込むようにしましょう。

まとめ|高還元率のマイル+プラチナクラスの特典が魅力のカード

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファースト まとめ

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストはユナイテッド空港のマイルが貯まる、高ステイタスと多彩な特典が魅力のダイナースクラブのカードです。

年会費は高いですが、世界の空港ラウンジが利用出来たり、高級レストランやゴルフ場を優待価格で利用出来るなど、使いこなせば十分に元が取れる特典が豊富です。

最近は改悪によって還元率は悪くなってしまいましたが、それでも1.5%の高還元率は魅力です。一部の地域では加盟店が少なかったり、また高スペックのカードだけに審査が厳しいというデメリットもありますが、富裕層向けのプラチナクラスの特典が付帯した魅力的なカードです。

マイレージプラス(MileagePlus) ダイナースクラブカードファーストを検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

基本情報

入会資格 年齢27歳以上の方
発行会社 三井住友トラストクラブ
本社所在地 東京都中央区晴海1-8-10晴海トリトンスクエアX棟
創業 1977年4月
発行可能ブランド ダイナースクラブ
発行期間 最短3営業日
年会費 1年目 47,300円(税込)
2年目以降 47,300円(税込)
家族カード 1年目 9,900円(税込)
2年目以降 9,900円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム ユナイテッド航空マイレージプログラム
ポイント還元率 1.5%
ポイント有効期限 18ヵ月※実質無期限
最低交換単位 1ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ UNITED
マイレージ還元率 1pt = 1.5マイル
最低交換単位 1マイル
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー suicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円(自動付帯5,000万円)
傷害・疾病 200万円
携行品損害 50万円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング保険 500万円
備考