国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

JCB ビジネスプラス法人カード

JCB ビジネスプラス法人カード
年会費 初年度:オンライン入会で初年度無料(次年度以降:1,375円(税込))
2年目以降:1,375円(税込)
還元率 0.5%~3.0%
発行日数 約2週間
年会費 初年度 オンライン入会で初年度無料(次年度以降:1,375円(税込))
2年目以降 1,375円(税込)
家族カード 1,375円(税込)
旅行保険 海外 -
国内 -
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー quicpay
国際ブランド JCBカード
発行会社 株式会社ジェーシービー
発行期間 約2週間
  1. point1交通費を毎月20万円以上利用するならポイント型よりお得!
  2. point2オンライン入会で初年度年会費無料!追加カードも1,375円(税込)と格安!
  3. point3複数のETCカードを無料で複数枚発行可能!経費精算が楽になる

JCBビジネスプラス法人カードは、日本で唯一の国際ブランドを持つJCBの発行する法人カードです。

JCBには個人向けカードだけでなく法人向けカードにも様々なラインナップがあり、このカードは利用額に応じたキャッシュバックが受けられることが特徴のビジネス用のカードです。

今回の記事ではJCBビジネスプラス法人カードのメリットやデメリット、口コミ情報などについて詳しく紹介をしていくので、興味のある方はぜひ参考にして下さい。

ビジネスプラスカード

JCB ビジネスプラス法人カードのメリット

JCB ビジネスプラス法人カード メリット

まずはJCBビジネスプラス法人カードのメリットから見ていきましょう。

カード利用金額の最大3%がキャッシュバックされる

このカードの一番の特徴とも言えるのが、カードの利用額に応じて最大3%の金額がキャッシュバックされる点です。

その代わりにポイント還元はいっさいありませんが、還元率だけを見ればポイント還元よりも高い還元率でキャッシュバックされます。

ただし全てのカード利用がキャッシュバックになる訳ではなく、カード利用の内キャッシュバック対象となるのは交通費と出張旅費のみです。交通費と出張費とは、具体的には下記のような費用を指します。

  • JR
  • 高速道路
  • ガソリンスタンド
  • タクシー
  • レンタカー
  • 航空券
  • 宿泊
  • 旅行代理店

キャッシュバックされる還元率は、一律で3%ではなく交通費と出張旅費の毎月の利用額に応じて下記のように0.5%〜3.0%の還元率が決められています。

  • 月間カード利用額5〜20万円未満・・・0.5%
  • 月間カード利用額20〜40万円未満・・・1.0%
  • 月間カード利用額40〜60万円未満・・・1.5%
  • 月間カード利用額60〜80万円未満・・・2.0%
  • 月間カード利用額80~100万円未満・・・2.5%
  • 月間カード利用額100万円以上・・・3.0%

対象の利用額が月間5万円に満たない場合はキャッシュバックはありません。また毎月のキャッシュバック金額は、15,000円が上限となっている点には注意しましょう。

新規入会キャンペーン最大20,000円がもらえる

お得な入会キャンペーンを行っているのもJCBビジネスプラス法人カードのメリットです。

インターネットからの入会に限定していますが、入会するだけでもれなく3,000円分のJCBギフトカードがもらえます。

またカード入会後、翌々月までに10万円以上利用すると17,000円分のJCBギフトカードをもらえるので、合わせて20,000円分のギフトカードを貰う事が出来ます。

こうしたキャンペーンは他のカードでも行っていますが、最大金額を貰うための条件が10万円以上の利用だけなので、キャンペーンの特典を受けやすいのがこのカードのメリットです。

会計作業を効率化出来る特典が付帯する

JCBビジネスプラス法人カードには、法人カードらしくビジネスに役立つ様々な特典が付帯します。

中でもクレジットカードの利用データを手入力することなく経理処理が出来る、eKeihiなどのような様々なビジネスサービスが優待価格で使えます。

他にもJCBの強みを活かしたJCBギフト券の手配や、タクシーチケットなども便利です。また従業員用のカードとして追加カードも何枚でも出来ますし、本カードの枚数にかかわらずETCカードの発行が可能です。このようにビジネスシーンで役立つ特典が豊富なのも、JCBビジネスプラス法人カードのメリットです。

JCB ビジネスプラス法人カードのデメリット

JCB ビジネスプラス法人カード デメリット

メリットの次は、デメリットについて紹介していきます。

ポイントはいっさい貯まらない

最大3%でキャッシュバックされるのがこのカードのメリットですが、一方でポイントはいっさい貯まりません。JCBカードの場合基本のポイント還元率は0.5%なので、キャッシュバックの方が還元率としては大きいです。

しかしキャッシュバックは交通費・出張旅費に限定されるのと、上限が月額15,000円と決められています。

ポイントの場合はカードの利用対象が広く、上限金額もありません。そのため交通費や出張旅費の利用があまり多くない場合、もしくは毎月上限を大きく超える場合はポイント型に加入した方が良いでしょう。

海外では利用出来ない場合もある

JCBビジネスプラス法人カードでは、国際ブランドをJCBしか選ぶ事が出来ません。JCBは日本の国際ブランドなので日本国内での利用はまず問題ないですが、海外での加盟店シェアはそこまで高くありません。

ハワイや台湾など日本人に人気の観光地であれば使える場合もありますが、地域によってはJCBが利用出来ない場合もあります。そのため海外出張などで海外でカードを利用する事が多い場合は、VISAなどのサブカードをもっておけば安心です。

JCB ビジネスプラス法人カードの審査基準・難易度

JCB ビジネスプラス法人カード 審査

メリット・デメリットの次は、審査基準について紹介していきます。

業歴や決算内容に関係なく申込が可能

JCBビジネスプラス法人カードのような法人向けのカードの場合は、一般的にはその法人が行なっている事業の安定性や収益性を重視して審査を行います。そのため入会基準には「業歴○年以上」や「直近の決算が黒字」などの条件が付く場合が多いです。

しかしこのカードの場合は業歴や、決算内容には関係なく申込が可能です。実際ホームページに公開されている入会基準を見てみると、下記のようになっています。

  • 法人または個人事業主

ビジネス用であれば業歴や決算内容に関係なく、法人でも個人事業主でも幅広に申込が出来るカードとなっています。このように法人の事業内容を問わない場合の審査は、代表者のクレジットヒストリーが重視されると言われています。

過去に延滞がない事はもちろんですが他社での借入、特にキャッシングなどの消費性の借入の有無もポイントです。また同時期に何枚ものクレジットカードに申込をしているのも、審査上印象が悪いので注意しましょう。

審査期間は約2週間

JCBビジネスプラス法人カードの審査期間は約2週間程度と、法人カードの中では一般的な水準です。

法人カードは個人向けのカードよりも調べる項目が多いので審査期間が長めになる傾向にあるため、このカードも審査の状況によっては更に時間がかかります。

JCBビジネスプラス法人カードに申し込む場合は、時間に余裕を持って申し込むと良いでしょう。

JCB ビジネスプラス法人カードの口コミ・評判

JCB ビジネスプラス法人カード 口コミ

これまでJCBビジネスプラス法人カードのメリット・デメリット・審査基準について詳しく紹介をしてきましたが、実際のカードの使い勝手を調べるには口コミ情報を参考にする事も重要です。ここではJCBビジネスプラス法人カードの口コミ情報を紹介していきます。

経費削減が出来るのが嬉しい

口コミ1

hiro/男性/30歳/個人事業主/年収400万円

メリットで説明したように交通費や出張旅費に限定されますが、最大3%の還元率でキャッシュバックされるのがJCBビジネスプラス法人カードの魅力です。そのためこのカードを上手く活用することで、経費削減する事が出来ます。

ポイント型のカード比べるとキャッシュバックの対象となる支払いが限定される代わりに、還元率が多いのが特徴なので、交通費や出張費の支払いの多さでどちらが良いかを判断しましょう。

10代でも申し込み出来る貴重な法人カード

口コミ2

Yusuke H/男性/19歳/経営者/年収200万円

JCBビジネスプラス法人カードの入会基準は先程紹介した通りですが、カードの使用者は18歳以上が条件となっています。

そのため10代の方でも法人カードを利用出来るのもこのカードの特徴です。学生企業家など若い経営者も増えており、使い勝手の良さが評判です。

追加カードがたくさん発行出来る

口コミ3

隆司/男性/35歳/経営者/年収500万円

JCBビジネスプラス法人カードには追加カードに上限がないことも特徴です。

法人カードには追加カードの枚数に上限のあるカードも多いので、従業員の多い会社では対応出来ない場合もあります。この点JCBビジネスプラス法人カードであれば、年会費は必要ですが何枚でも追加カードの発行が可能です。

まとめ|経費削減が出来る法人カード

JCB ビジネスプラス法人カード まとめ

JCBビジネスプラス法人カードはJCBの発行する、キャッシュバック型の法人カードです。ポイント還元が無い代わりに交通費や出張旅費をカード決済した場合に、最大3%もの還元率でキャッシュバックされるのが特徴です。

ポイントに比べると還元率が高く、経費削減できるのがメリットですがキャッシュバック金額には上限金額がある点には注意が必要です。

そのためカードの利用状況によってはポイント型の方がお得な場合もあるので、入会の際にはどちらが得になるか検討が必要です。

またキャッシュバックだけでなく、お得な入会キャンペーンや経理処理などのビジネスに役立つ特典も豊富に付帯しています。

カード入会基準も幅広く、カード使用者も18歳以上と若い方でも利用可能となっています。

このように便利な特典と申込のしやすさを兼ね備えた使い勝手良いカードなのが、JCBビジネスプラス法人カードのメリットと言えます。このカードへの入会を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にして下さい。

基本情報

入会資格 法人または個人事業主。使用者は18歳以上の方のみ。
発行会社 株式会社ジェーシービー
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
創業 1961年
発行可能ブランド JCBカード
発行期間 約2週間
年会費 1年目 オンライン入会で初年度無料(次年度以降:1,375円(税込))
2年目以降 1,375円(税込)
家族カード 1年目 1,375円(税込)
2年目以降 1,375円(税込)
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム キャッシュバック
ポイント還元率 0.5%~3.0%
ポイント有効期限 -
最低交換単位 -

マイレージ

交換可能なマイレージ
マイレージ還元率 -
最低交換単位 -
マイレージ移行手数料 -

電子マネー

チャージ可能な電子マネー quicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 -
死亡・後遺障害 -
傷害・疾病 -
携行品損害 -
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 100万円限度※海外利用分のみ
備考 「JCBでe安心」付き

JCB ビジネスプラス法人カードでよくある質問

ポイント型の法人カードはありますか?

「JCB法人カード」であれば年会費は同じで、キャッシュバックの代わりにポイントが貯まります。その際の還元率は0.5%になります。

JCBビジネスプラス法人カードの解約方法を教えて下さい。

解約は下記に電話をすることで手続きが出来ます。
0120-392-739
受付時間/9:00AM~5:00PM 日・祝・年末年始休

JCBビジネスプラス法人カードに旅行保険は付帯しますか?

このカードには旅行保険は残念ながら付帯しません。上位のゴールドカードであれば旅行保険が付帯するので、保険の付帯が必要な場合はそちらを検討しましょう。