国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

シネマイレージカード《セゾン》

シネマイレージカード《セゾン》
年会費 初年度:無料
2年目以降:無料※一部有料
還元率 0.5%
発行日数 最短3営業日
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料※一部有料
家族カード 家族カードなし
旅行保険 海外
国内
ETCカード 発行手数料 無料
年会費*1年目 無料
電子マネー nanacoidquicpaysuicaedy
国際ブランド マスターカードアメリカンエクスプレス
発行会社 クレディセゾン
発行期間 最短3営業日
  1. point1TOHOシネマズで映画を見るほどお得!シネマイレージで6回観たら7回目無料!
  2. point2マスターカードなら実質年会費無料!カード利用で永久不滅ポイントも貯まる!
  3. point3毎週火曜日のシネマイレージデイは会員価格!1,400円で映画が見られる!
映画館がお得になるクレジットカード

シネマイレージカードセゾンとは

TOHOシネマズで映画がお得に見られるクレジットカード

シネマイレージカードの券面画像シネマイレージカードセゾンとは、映画好きの方におすすめのクレジットカードです。TOHOシネマズが提供している「シネマイレージサービス」を120%有効活用でき、他のクレジットカードにはない独自の魅力を兼ね備えているのが特徴です。

TOHOシネマズで映画を見る方にぜひおすすめしたい!映画館の会員証

シネマイレージカードセゾンは、全国各地にある「TOHOシネマズ」でお得に映画が見られる会員証のようなクレジットカードです。映画館で映画を観る機会が多くて、TOHOシネマズを利用している方にはたくさんのメリットがあります。

シネマイレージカードセゾンのメリットとデメリットを詳しく紹介するのでぜひ参考にしてください。

シネマイレージカードセゾンのメリット

映画の無料招待サービス付き!TOHOシネマズでお得なクレジットカード

シネマイレージカードセゾンは、TOHOシネマズでお得に映画を観たい方や、セゾンカードならではメリットがあるクレジットカードです。

TOHOシネマズが提供しているシネマイレージサービスに使用する会員カードは、クレジット機能なし(年会費500円、更新時300円)とクレジット機能付(MasterCardとアメックス)がありますが、クレジット機能付はクレジット機能なしよりもお得なメリットがあります。

スタンプラリーで映画6本観ると7本目無料!映画好きにおすすめ

映画館

シネマイレージサービスで提供しているスタンプラリーは、映画を6本観ると7本目が無料になるお得なサービスです。

TOHOシネマズでは一般の通常料金が1,800円なので、1,800円×6本=10,800円のご利用ごとに1,800円分お得になるので還元率としては約16%になり、映画を頻繁に観る機会が多いほど得をします。

スタンプラリーは、チケット発券時にシネマイレージカードセゾンを提示し、6回鑑賞すると自動券売機かインターネットチケットで無料鑑賞券が選択できるようになります。

なお、鑑賞ポイントの有効期限は鑑賞日から2年間になることと、無料鑑賞できる座席数が上映ごとに上限が設定される点に注意が必要です。

火曜日のシネマイレージデイは映画料金1,400円

シネマイレージサービスの特典として注目したいのが、毎週火曜日は「シネマイレージデイ」で通常料金は一般1,800円のところ、1,400円で鑑賞できるので400円も料金がおトクになります。毎週火曜日は映画を観る日!と決めておくと、毎回おトクな料金で映画を楽しめますね。

シネマイレージでマイルが貯まる!映画を観るほどおトク!

映画を観る人

シネマイレージサービスの特典として、映画の上映時間に応じて独自の「シネマイル」が貯まるサービスも提供しています。映画本編の上映時間1分あたり1マイルで換算されますので、例えば120分の上映時間の映画を観た場合には120マイル貯まります。

シネマイルは1,000マイルでポップコーンSサイズまたはドリンクSサイズサイズ、6,000マイル(六本木ヒルズのみ9,000マイル)で1ヶ月フリーパスポートに交換できます。TOHOシネマズで映画を観る機会が多いほどシネマイルを楽しみが増えるのも大きな魅力ですね。

1,000マイルを目標にするなら、上映時間120分の映画だとすると9本鑑賞する必要があるため、最低でも1ヶ月に1本のペースで鑑賞する方なら簡単に貯まります。

6,000マイルを目標にする場合は、上映時間120分の映画なら50本、1年間で貯める場合は毎月4~5本以上、2年かけて貯める場合は毎月2~3本のペースで鑑賞する方なら目標達成できるでしょう。

また、1ヶ月フリーパスポートを利用できる座席数が上映ごとに上限が設定されますので、人気のある映画の場合はお早めにご利用ください。マイルの有効期間は最大2年間で、ご利用になった翌年の12月31日までとなります。

例えば2018年1月20日に加算されたマイルも、2018年12月20日に加算されたマイルも、どちらも有効期限が2019年12月31日になります。特に6,000マイルを目標に貯める場合は、有効期限の縛りがあるため、毎年1月から貯め始めるのがおすすめです。

インターネットから3時間早くチケット購入可能!

TOHOシネマズでは、インターネットからチケットの購入やお支払いができるサービス「vit」を提供しています。vitはシネマイレージサービスに会員登録をしていない人も利用できますが、非会員は上映2日前の0時から購入可能なのに対し、シネマイレージ会員は3日前の21時から購入できます。

シネマイレージカードセゾンでお支払いも可能なので、人気の作品をいち早く良い席で予約できますし、窓口で並ぶ必要もないのでとても便利なサービスです。

国際ブランドを選べる!MasterCardは初年度年会費無料!次年度以降も実質無料!

シネマイレージカードセゾンは、MasterCardとアメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)のどちらかから国際ブランドを選択できます。

シネマイレージの国際ブランド比較
MasterCard アメックス
年会費 初年度無料
2年目以降330円(税込)(※)
3,300円(税込)
有効期限 6年間 3年間
自動付帯保険 なし 国内・海外旅行保険最大3,000万円

MasterCardの年会費については、2年目以降は330円(税込)ですが、年間でクレジットカードまたはキャッシングのご利用が1回以上あれば年会費無料になりますので、利用があれば実質的には永年無料だと考えてください。

シネマイレージカードのクレジット機能なしは、初年度500円と2年目以降の更新時は300円が必ず発生します。マスターカードのシネマイレージカードセゾンの場合は、クレジットカードを一度でも利用していれば年会費無料になるので、この時点でクレジット機能なしよりもお得なことがわかります。

アメックスは保険付きだが年会費がかかる!

ただし、アメックスを選択すると年会費無料条件がなく、年会費も3,150円になるので注意が必要です(アメックスは海外旅行保険などが付帯します)。アメックスはご利用額に関わらず年会費が発生するので注意が必要です。

セゾンカードの永久不滅ポイントも貯まる!

シネマイレージカードセゾンはTOHOシネマズのご利用だけでなく、その他のクレジットカードご利用額に応じてセゾンカードの「永久不滅ポイント」が貯まります。永久不滅ポイントは1,000円ごとに1ポイント(1ポイントは約5円=還元率は0.5%)貯まり、有効期限がありません。

普段のお買い物や公共料金のお支払いなどをシネマイレージカードセゾンに一本化すると、永久不滅ポイントが貯まりやすくなります。

セブンイレブンの利用でnanacoポイントも同時に貯まる!

コンビニ

セブンイレブンでお支払い時にセゾンカードを利用すると、永久不滅ポイントとnanacoポイントを同時に取得できるサービスを提供していますが、シネマイレージカードセゾンも対象カードになります。

nanacoポイントも同時に取得する際には、セゾンカードの会員サービス「Netアンサー」に登録後(無料)、セゾンカードのご利用で「nanacoポイントが貯まる」サービスの申し込みを行うだけでOKです。

例えばセブンイレブンで2,000円のお買い物をした場合で獲得できるポイントを比較してみると・・・

セブンイレブンのお買い物で獲得できるポイント比較
nanacoでお支払い nanacoポイント20ポイント(20円相当)
シネマイレージカードセゾンでお支払い
nanacoポイントが貯まるサービス未登録
永久不滅ポイント2ポイント(10円相当)
シネマイレージカードセゾンでお支払い
nanacoポイントが貯まるサービス登録済
nanacoポイント20ポイント(20円相当)
永久不滅ポイント2ポイント(10円相当)
合計30円相当

セブンイレブンでお買い物をする機会が多い方は、必ず「nanacoポイントが貯まる」サービスに事前登録しておき、シネマイレージカードセゾンでお支払いすることをおすすめします。

なお、以前はイトーヨーカドーでのお買い物も対象でしたが、現在はセブンイレブンのお買い物だけが対象になっています。

シネマイレージカードセゾンのデメリット

シネマイレージカードセゾンはメリットだけでなく、デメリットになる部分もあります。自分に最適なクレジットカードなのか見極める際の参考にしてください。

TOHOシネマズをよく利用する人でなければメリットが薄い

シネマイレージカードセゾンの最大のデメリットは、お近くにTOHOシネマズの映画館がない方にはほとんど魅力がないクレジットカードだと言うことです。TOHOシネマズを利用する機会が多い方でなければメリットを感じる部分が少ないです

シネマイレージカード《セゾン》はあくまでも、TOHOシネマズのクレジット機能付きメンバーカードという位置づけ。映画好きのTOHOシネマズメンバーで無ければ作るメリットはほとんどありません。映画が好きで映画館によく行くけど、TOHOシネマズはあまり利用しないという方にはお得感が薄くなります。

還元率0.5%!普段使い用のクレジットカードとしては魅力が薄い

シネマイレージカードセゾンのポイント還元率は0.5%です。なので、クレジットカードが提供しているポイントサービスの還元率としては至って普通です。TOHOシネマズ以外でカードを使用する時はより還元率の高いカードの使用した方がお得です。

次年度以降の年会費を無料にする目的以外で、他店で使う魅力はほとんどありません。

ポイントを効率よく貯めたいのであれば、ポイント還元率が良い高還元率クレジットカードをメインで活用した方が良いでしょう。ただし、家族がセゾンカードを持っている場合は、ポイントを合算して貯める方法もあります。

クレジットカードに欲しい付帯保険は別料金

シネマイレージカード《セゾン》は、どちらかと言えばメインカードを補助するサブカードという位置づけです。そのためメインのセゾンカードと違い海外旅行傷害保険などの付帯保険が付いてきません。

もちろんシネマイレージカードセゾンのアメックスブランドには国内・海外旅行保険が自動付帯されていますが、MasterCardブランドには特に付帯保険が用意されていません。付帯保険がないため、他のクレジットカードと比較すると心細い印象を受けます。

保険が欲しければアメックスブランドか別料金で「Super Value Plus」

保険が必要な場合は、セゾンカードが提供している保険サービス「Super Value Plus」は年間または月額300円の掛け金から入会できます。保険の内容は幅広く、お買い物した商品の補償やケガの補償、暮らしの補償など必要な補償を検討するのもおすすめです。

シネマイレージカードセゾンのまとめ

シネマイレージカードはTOHOシネマズ専用のサブカード

シネマイレージカード《セゾン》の特徴をまとめると、シネマイレージカード映画館TOHOシネマズの公式クレジットカードで、映画6本につき1本無料で鑑賞できるスタンプラリーに参加できるのが最大のメリットです。映画の無料招待、シネマイレージが貯まるなど、TOHOシネマズで映画を観るのに特化したクレジットカードということです。

TOHOシネマズに映画を見に行くためのサブカードとして活用しよう

シネマイレージカードセゾンは、TOHOシネマズをお得に利用できるクレジットカードですが、メインのクレジットカードとして活用するよりもサブカードとして活用することをおすすめします。

MasterCardブランドなら実質的に年会費永年無料なので、TOHOシネマズを利用する機会が多い方にとってはかなりお得なクレジットカードになります。TOHOシネマズで大活躍するカードですので、お近くにTOHOシネマズがある方、映画好きの方にはぜひおすすめしたいカードです。

シネマイレージカードセゾンをおすすめしたい人

  • 映画が好きでTOHOシネマズを利用する人
  • セブンイレブンもよく利用する人
  • 家族がセゾンカードを持っている(ポイント合算できる)人
  • メインのクレジットカード以外のサブカードを検討している人

基本情報

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
発行会社 クレディセゾン
本社所在地 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
創業 1951年5月1日
発行可能ブランド マスターカードアメリカンエクスプレス
発行期間 最短3営業日
年会費 1年目 無料
2年目以降 無料※一部有料
家族カード 1年目 家族カードなし
2年目以降 家族カードなし
ETCカード 発行手数料 無料
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム セゾン永久不滅ポイント/シネマイレージ
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 永久
最低交換単位 100ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ ANAJAL
マイレージ還元率 1pt = 2.5~3マイル
最低交換単位 200ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー nanacoidquicpaysuicaedy

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件
死亡・後遺障害
傷害・疾病
携行品損害
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
備考