国内最大級368枚のカードの中から、ピッタリな便利で得するカードが見つかる!

セディナカード

セディナカード
年会費 初年度:無料
2年目以降:無料
還元率 0.5%~1.5%
発行日数 約3週間
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
家族カード 無料
旅行保険 海外 -
国内 -
ETCカード 発行手数料 1,100円(税込)
年会費*1年目 無料
電子マネー idquicpay
国際ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行会社 セディナ
発行期間 約3週間
  1. point1セブン-イレブンで常にポイント1.5%還元!
  2. point2年会費無料!家族カードも無料!ポイント0.5%還元
  3. point3入会後3か月間どこでもポイント3倍!ショッピング保険付帯!

セディナカードとは

『セディナカード』は、年会費無料でポイントが貯まるセディナのスタンダードなプロパーカードです。利用金額に応じて翌年度のポイント付与率がアップするなど、ポイントが貯まりやすいシステムになっています。

国際ブランドはJCB、VISA、マスターカード3種類から自由に選べます。また、新たにセブンイレブンでポイントが3倍になるサービスが始まったので、日常生活でポイントが貯まりやすいのが魅力です。

セディナカードのメリット

セブンイレブンなら常に還元率1.5%になる

『セディナカード』のポイントプログラムは「わくわくポイント」で、セディナカードの利用金額200円につき1ポイント貯まります(還元率0.5%)。

これだけでは還元率が低いと思うかもしれませんが、セブンイレブンであれば常に還元率1.5%なので、他のクレジットカードよりも高い還元率となっています。

さらに貯めたポイントはnanacoポイント・nanacoカードに交換できるのでセブンイレブンのヘビーユーザーにはかなりお得です。

入会後3か月間はどこでもポイント3倍になる

『セディナカード』には、「ファーストチャンスポイント」という特典が付いています。

この特典を活用すると、入会後3か月間(加入月を含めて4か月間)はどこでもポイントが3倍になります(還元率1.5%)。

この期間にまとめ買いをすればポイントがどんどん貯められるので、欲しい商品を購入するタイミングに合わせて入会するのもおすすめです。

使えば使うほど還元率が優遇され最大1.3倍になる

『セディナカード』は、使えば使うほど「トクトク!ステージ」によって翌年度のポイント倍率がアップします。

年間(1~12月)のカード利用金額が50万円以上であれば、翌年度のポイント付与率は1.1倍、100万円以上であれば1.15倍、200万円以上であれば1.3倍となり、「セディナビ!」のボーナスポイントと併せるとかなりポイントが貯まりやすくなります。

ショッピングだけじゃなく、電気代などの公共料金や交通料金、旅行費用などをまとめてカードで支払えば、さらにポイント還元が受けられます。

ショッピングモール経由でボーナスポイントがつく

会員限定のショッピングモール「セディナポイントUPモール」経由でお買い物すれば、最大20倍のポイントが貰えますし、ETCや海外でカードを使用するとポイントが1.5倍になります(還元率0.75%)。

さらに海外でのご利用分は、海外ショッピングサイト含み、自動でポイントが1.5倍になります(還元率0.75%)。

 

ショッピング保険で不正利用対策もしっかりしている

セディナカードには「カード紛失・盗難保険」「ネットセキュリティサービス」が付帯します。カードの紛失・盗難やネット上での不正利用が心配という方もこれで安心です。

万が一の事態にも適切に対処できます(届日から60日前に遡って補償)。

また、最高50万円の「ショッピング補償」も付帯しており、こちらは購入日から180日間という長期間の補償となります。

さらに海外だけじゃなく国内一括払いにも対応しており、他社のようにリボ払いを選択しなくても保険が適用されるというメリットがあります。

年会費無料で嬉しい特典が多数付帯している

また、それ以外にもセディナカードに入会すると、毎月抽選で現金やプレゼントが当たる特典やスポーツ・レジャー国内宿泊、ショッピングなどを特別価格で利用できる「プレミアムクラブオフ」が使えます。

また、ミュージカル・演劇、コンサートなどのチケットを会員価格や先行販売で購入できるセディナチケットなど、年会費無料と思えないくらい盛りだくさんの特典が付いてきます。

年会費無料でいろいろな割引特典があるので、クレジットカードを使わないという方でも持っていて損はありません。

セディナカードを比較|種類別の特徴や還元率からおすすめカードを紹介

セディナカードのデメリット

ポイント還元率は0.5%と平均的

セディナカードのデメリットとしては、ポイントの基本還元率が0.5%と平均的であり、本格的にポイントを貯めたい方にとっては不向きであることです。

有効期限は2年あるので、少しずつでも貯めていけばnaancoポイントなど利用しやすいポイントに交換できます。

また、セディナモールを経由したり、年間利用額が高かったりすると還元率もアップするので、他のカードと比較してもポイントが貯まりにくいということはありません。

ETCカードは発行手数料1,100円(税込)がかかる!

『セディナカード』は、ETCの利用料金に使えばポイント1.5倍となりますが、ETCカードを発行する場合は手数料が1,100円(税込)かかります。

ETCカードは、ほとんどのクレジットカードで発行手数料無料となっているので、有料なのはデメリットと言えるでしょう。その代わりポイント還元率が高いので、ETCの利用頻度が高い方であればそれほどのデメリットにはなりません。

セディナカードのわくわくポイントのお得な使い方

『セディナカード』利用で貯まったわくわくポイントは、1,000ポイントから1ポイント=1円相当でAmazonギフト券と交換したり、他社のポイントサービス(nanaco、Gポイント、ドコモポイント、auポイント等)に移行できます。

基本的には使える場所が多く汎用性の高い、dポイントなどの大手共通ポイントに交換するのがおすすめです。

JALマイレージにも交換可能ですが、1ポイント0.5円相当なのであまりおすすめできません。

よく比較されるセディナカード クラシックとの違い

  • クラシックは年会費が発生する(1,100円)
  • クラシックは海外旅行保険が付帯している
  • クラシックはイオンやダイエー店舗でお得になる

上記の3点がセディナカード クラシックとの主な違いです。

基本的には差がないので、保険の有無などを気にする方以外は当ページで紹介している通常のセディナカードを発行しておけば良いでしょう。

セディナカード クラシック

セブンイレブンやダイエー、イオンでポイント3倍!
ダイエー・イオンなどで常にポイント3倍!還元率1.5%!

詳細を見る

クラシックも悪いカードではありませんが、最近は年会費無料でも海外旅行保険が付帯しているカードも増えていますし、イオンのお得さも年会費無料のイオンカードの方が優れているので、わざわざ発行する意味はあまりないでしょう。

セディナカードのまとめ

『セディナカード』は、ボーナスポイントや抽選などのサービスが豊富な年会費無料のカードです。

旅行保険は付帯されていませんが、ショッピング保険の適用範囲が広く、180日間は補償されるのでお買い物も安心です。

また、セブン・イレブンでのお買い物はポイントが3倍なので、コンビニを普段使いしている方は一枚持っておくといいでしょう。

基本情報

入会資格 高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
発行会社 セディナ
本社所在地 名古屋市中区丸の内三丁目23番20号
創業 1950年
発行可能ブランド VISAカードマスターカードJCBカード
発行期間 約3週間
年会費 1年目 無料
2年目以降 無料
家族カード 1年目 無料
2年目以降 無料
ETCカード 発行手数料 1,100円(税込)
1年目 無料
2年目以降 無料

ポイント還元

ポイントプログラム わくわくポイント
ポイント還元率 0.5%~1.5%
ポイント有効期限 2年間
最低交換単位 1,000ポイント

マイレージ

交換可能なマイレージ JAL
マイレージ還元率 1pt = 0.5マイル
最低交換単位 1,000ポイント
マイレージ移行手数料 無料

電子マネー

チャージ可能な電子マネー idquicpay

付帯サービス

海外旅行保険 付帯条件 -
死亡・後遺障害 -
傷害・疾病 -
携行品損害 -
国内旅行傷害保険 -
ショッピング保険 50万円
備考

セディナカードでよくある質問

セディナカードを解約するにはどうすればいいですか?

解約をする場合は、必ずカード名義人(本人)から、アンサーセンターに連絡をして解約をする旨を伝えてください。
解約の手続きでは、カード番号などを聞かれるので、カードを手元に準備しておきましょう。

【アンサーセンター 問い合わせ先】
東京 03-5638-3211
大阪 06-6339-4074

※オペレーターによる応答は9:30~17:00までとなります。(1月1日休み)

セディナカードのセディナビにログインすると何ができますか?

セディナビにログインをすると、各利用明細や支払い方法の変更、わくわくポイントの照会・確認、利用限度額変更などカードの支払いに関する手続きが行えます。

また、各種料金の支払いやキャッシングローン、家族カード・ETCカードなどの各種申込みや、Webショップ情報、キャンペーン情報のチェックなどもセディナビから行なうことができます。

利用した覚えのないものが明細書に載っていますが、どうすればいいですか?

利用明細書に記載の店舗名や利用日などは、実際の店舗名ではなく運営会社で請求されたり、利用日が相違していたりする場合があります。
そのため、レシートやインターネットショッピングを利用したときのメールなどを確認してください。

もし、カード利用控えやメールにもなく、まったく心当たりのない金額や利用日立った場合は、セディナカードの裏面に記載されているアンサーセンターの電話番号に連絡しましょう。

セディナカードについている「本人認証サービス」とは何ですか?

オンラインショップでカードを利用する際、本人にしかわからない《本人認証サービス》のパスワードを入力しないと、支払手続が完了しないシステムです。
つまり、第三者がカード番号で不正に買物をしようとしても、パスワードによる本人認証が必要となるため、不正に利用されることを防止できるので、安心してネットショッピングを楽しめます。

本人認証サービスを利用するにあたって、利用料がかかることはありません。